アルゼンチン産赤エビはなぜ安い?

赤海老

アルゼンチン産の赤エビ。

大きく食べ応えもあって、とても安いですよね。

どうやって作られているのでしょうか?

ちょっと木になったので調べてみました。

サステナブル料理研究家、一般社団法人DRYandPEACE代表理事のサカイ優佳子です。

2011年からは特に、現代のライフスタイルに合わせた乾物の活用法の研究、発信に力を入れています。

日々の食卓を手軽に美味しく楽しみながら、キッチンから世界をみる眼を持ち続けたいと思います。

日々の食に役立つ情報をお届けする無料メルマガを書いています。
ぜひ、キッチンから世界をみる仲間になってくださいね!
サカイ優佳子の 楽しく 美味しく 未来を創る

 

1 アルゼンチン産赤エビで作ったもの

スーパーで赤エビが半額になっているのを見つけ、エビ大好物の息子とたっぷりいただきました。

堪能。

そのあとのカラはまとめてギリギリの水を加えてコトコト。

エビダシをとりました。

翌日の昼には、冷やご飯とエビだしを合わせて温め、フィリピンの発酵エビ調味料バゴーンを加えて調味(塩だけでも美味しいと思います)。

香菜を最後に加えて、手抜きリゾット風&野菜たっぷりスープ。

お刺身も美味しかったですが、この手抜きリゾットも相当美味しかったです。

バゴーンリゾット

2 アルゼンチン産赤エビはなぜ安い?

食べながら息子が、「アルゼンチンの赤エビって、どうしてこんなに安いんだろうね?」と一言。

ちょっと調べてみました。

アルゼンチンの赤エビは全て天然。

大きな群れを作る習性があるので、底引き網で文字どおり一網打尽に効率よくとれるのだそうです。

それを船上ですぐに冷凍して輸送するので、日本でも生で食べることができると言います。

(参考:水産×ITベンチャー企業 めだか水産広報部HP )

どのくらいとっているのかを調べてみると、以下のような数字を見つけました。

2009年では5万3千トンほどだった水揚げ量が年々増加し2018年にはなんと24万4千トンにも及んでいる。
2017年の日本の輸入量は2万1千トンあまりとなっている。(フーズリンク「旬の食材百科」

底引き網?そんなに急に漁獲量が増えて大丈夫?と心配になりますが、

日刊水産経済新聞の2019年1月15日の記事によれば、

”資源状況を心配する声も上がっていたが、現地情報では楽観的な見方が主流で、1年魚のアカエビを獲り切る懸念はほぼ聞かれない。”

とのこと。

アルゼンチンの赤エビは成長が早く、一年で漁獲サイズになるのだそうです。

でも、本当に大丈夫なのかな?とちょっと思ったりもしつつ、12尾で590円を、2食に渡って楽しませていただきました。



 

 

 

The following two tabs change content below.

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 東大法学部卒。外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーをきっかけに食の世界に。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行している。 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. プラスチックの海

    映画「プラスチックの海」ぜひ観て欲しい!

  2. あるものでまかなう生活 井出留美著

    【食を読む】井出留美さんの新著「あるものでまかなう生活」を読む

  3. 京急百貨店COTONOWAで乾物防災食講座

    【乾物】「フェーズフリー」な家庭備蓄とは?

  4. 小中高で、食育×フードテックの授業?

  5. 食のリスク学

    食品のリスクをゼロにはできない〜「食のリスク学」を読んで

  6. シリコンバレー式最強の食事

    2週間でカラダが変わる?「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」を読…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 自家製デュカ
  2. クスクス
  3. ラープ・ムー
  4. 唐揚げとビール
  5. 世界の郷土菓子

料理教室

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。