アルゼンチン産赤エビはなぜ安い?

赤海老

アルゼンチン産の赤エビ。
大きく食べ応えもあって、とても安いですよね。
それがさらに半額になっていたので、ちょっと豪華にいただくことにしました。

ほぼ同じ内容の音声配信はこちらでお聴きいただけます。

目次
1 アルゼンチン産の赤エビで作ったもの
2 アルゼンチン産赤エビはなぜ安い?


1 アルゼンチン産赤エビで作ったもの


スーパーで赤エビが半額になっているのを見つけ、エビ大好物の息子とたっぷりいただきました。
堪能。

そのあとのカラはまとめてギリギリの水を加えてコトコト。
エビダシをとりました。

翌日の昼には、冷やご飯とエビだしを合わせて温め、フィリピンの発酵エビ調味料バゴーンを加えて調味(塩だけでも美味しいと思います)。香菜を最後に加えて、手抜きリゾット風&野菜たっぷりスープ。

お刺身も美味しかったですが、この手抜きリゾットも相当美味しかったです。

バゴーンリゾット


2 アルゼンチン産赤エビはなぜ安い?


食べながら息子が、「アルゼンチンの赤エビって、どうしてこんなに安いんだろうね?」と一言。
ちょっと調べてみました。

アルゼンチンの赤エビは全て天然。
大きな群れを作る習性があるので、底引き網で文字どおり一網打尽に効率よくとれるのだそう。
それを船上ですぐに冷凍して輸送するので、日本でも生で食べることができると言います。
(参考:水産×ITベンチャー企業 めだか水産広報部HP )

どのくらいとっているのかを調べてみると、以下のような数字を見つけました。

2009年では5万3千トンほどだった水揚げ量が年々増加し2018年にはなんと24万4千トンにも及んでいる。
2017年の日本の輸入量は2万1千トンあまりとなっている。(フーズリンク「旬の食材百科」

底引き網?そんなに急に漁獲量が増えて大丈夫?と心配になりますが、

日刊水産経済新聞の2019年1月15日の記事によれば、

”資源状況を心配する声も上がっていたが、現地情報では楽観的な見方が主流で、1年魚のアカエビを獲り切る懸念はほぼ聞かれない。”

とのこと。

アルゼンチンの赤エビは成長が早く一年で漁獲サイズになるのだそうです。

でも、本当に大丈夫なのかな?とちょっと思ったりもしつつ、12尾で590円を、2食に渡って楽しませていただきました。

 

The following two tabs change content below.
アバター

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーがきっかけで食の活動をスタート。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. このゴミは収集できません

    お笑い芸人さんが語る、ごみ収集の現場で見た食品ロス

  2. 数の子下ごしらえ

    数の子が高値なのもコロナの影響?

  3. 高野豆腐

    高野豆腐に含まれる塩分?

  4. CLEAN MEAT 培養肉が世界を変える

    <食の未来>細胞農業が開く未来?①〜工業型畜産は限界を迎えている〜

  5. カントニーズシュリンプ

    【食育】ウチの定番カントニーズ・シュリンプを食べながら陸上養殖について…

  6. 2020年暮れのお年取り料理

    お正月の記録〜新潟の旧家の味を千葉生まれの私が引き継いで

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 食料危機
  2. ガトー・アンビジブル・オー・ポンム
  3. うちの定番ドロドロ酒粕鍋
  4. 2021年オンライン読書会
  5. タッパー漬けもの

料理教室