【日々の食】カーボロネロと自家製アンチョビのパスタ

カーボロネロとアンチョビとチーズのパスタ

イタリアのトスカーナが原産というカーボロネロという野菜、3年前に福井市の仕事を担当した時に(なぜかMCまで任され、、w)、福井でも作っているのだとちょっと驚いた記憶があります。日本語だと黒キャベツ。

福井のカーボロネロ

2017年11月、都内で開催された福井市の食を広めるイベントで展示されたカーボロネロ

らでぃっしゅぼーやの「いと愛づらし野菜」シリーズで届いたので、パスタソースにしていただきました。

ほぼ同じ内容の音声配信はこちらでお聴きいただけます。

目次
1 カーボロネロとは
2 カーボロネロのパスタが美味しくできました
3 お供は、チキンのモロッコ風トマト煮込み


1 カーボロネロとは


結球しないキャベツで、ケールに近い品種。
黒という名前はついていますが、黒っぽい濃い緑をしています。
煮崩れしないので煮込みに向いているとされますが、キャベツにはない苦味があります。

黒キャベツ イタリア野菜のカーボロネロ


2 カーボロネロのパスタが美味しくできました!


カーボロネロは少し硬いのが気になったので、さっと茹でてからぎゅっと絞って、自家製アンチョビとオリーブオイル、パルミジャーノレッジャーノと一緒にフードプロセッサーに。なければ包丁で叩く、で可。

フライパンに赤唐辛子の輪切りとにんにくのみじん切りをオリーブオイルとともに入れて弱火で香りを立てたら、茹で上がったパスタとカーボロネロ+アンチョビ+チーズのペーストと、茹で汁少々を入れて乳化させつつ炒め、美味しいオリーブオイルをひと垂らし。

これが、かなり美味しくできました!
使ったパスタはカザレッチェ。

カーボロネロとアンチョビとチーズのパスタ

3 お供は、チキンのモロッコ風トマト煮込み


パスタのお供には、トマトペーストが残っていたのでそれを使おうと、鶏肉と玉ねぎ、レンコン、干し椎茸、人参、ドライクランベリーとレーズンを具にしたモロッコ風の煮込み。
にんにく、ベイリーフ、シナモンスティック、カルダモン、クローブで風味づけ。
最後にカイエンペッパーで味を引き締めます。
味付けは塩胡椒のみ。30分ほど煮込み、汁気を少し煮詰めることで旨味が引き立ちます。
トッピングにパセリ。
ワインとともに、美味しくいただきました。

チキンのモロッコ風

カーボロネロ、まだ普通のスーパーで見かけることは少ないと思いますが、もし出会ったらぜひ。
このパスタソースかなり美味しくできましたよ。

 

 

関連記事

  1. 混ぜるだけ柿プリン

    混ぜるだけで固まる柿プリンの謎

  2. 水キムチ

    【ウチの定番】水キムチを作る

  3. ある日のランチ

    【日々の食】レタスをペロッと食べちゃう定番レシピ

  4. 干し柿作り1週間後

    庭の渋柿で作った干し柿、完成までの記録

  5. 血合い抜きの鰹節

    【乾物】血合い抜きの鰹節

  6. おこもり生活でも安心!干し野菜作りの方法をざっくりまとめてみました

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 白菜キムチ作り
  2. 紫花豆の蜂蜜ジャム和え
  3. 日本捕鯨史概説

料理教室