【日々の食】セロリとトマトと卵のシンプル炒めが美味しかったんです

2020-10-26の昼食

日々の、何気ない食を書き留めておくことにしました。
あっという間に忘れてしまいますよね、何を食べたかなんて。

でも、そんな普通のごはんがいとおしいなあと感じられるようになってきたんです、最近。

音声でもお伝えしています。こちらからお聴きいただけます。

昨日の昼。
土鍋で炊きたてごはん。
ニラと玉ねぎと出し殻昆布のお味噌汁。
ミョウガの赤梅酢づけ
茹でたオクラのおかか醤油和え
かまぼこの切れ端とトマト、セロリの葉を炒めて最後に卵も炒めたもの。ごま油の風味で。調味は塩胡椒だけ。
残り物
じゃがいもと万願寺とうがらしの花椒&赤唐辛子風味
煮豚と大根と卵の煮物の残った大根

冷蔵庫の残りものを集めて作ったようなかまぼことトマトとセロリと卵の炒めものが思いの外美味しく、家族にも好評でした。

夜は、前の日に作ったアメリカングーラッシュの残りと、鶏もも肉と玉ねぎ他野菜を、自家製塩レモンとともにスープ仕立てにした、西アフリカのプーレヤッサもどき、それに、あまり美味しくなかった(残念)安納芋を蒸したものをバターソテーで蘇らせて。

The following two tabs change content below.

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 東大法学部卒。外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーをきっかけに食の世界に。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物や米粉の活用法を中心にレシピを開発。 料理教室を開催、食品メーカーさんのメニュー開発などを手掛けている。 料理を自由に発想でき、毎日の料理が楽しくなる独自の「ピボットメソッド」を考案。個人やメニュー開発が必要な方向けのトレーニングも行っている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行している。 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. 水キムチ

    水キムチの簡単レシピと、失敗しないポイント

  2. 2020-10-27ランチ

    【日々の食】脂の少ない肉を柔らかく焼く方法

  3. はすいも

    「はすいも」って知ってますか?

  4. 乾燥させた香茸

    【乾物】幻と言われる香茸を炊き込みご飯にしました

  5. カニでちょっと贅沢をしたあと、殻はまだ捨てないで

  6. 羊肉の内モンゴル風

    調味法パターンを増やすと、レシピがなくても料理が作れます

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 八丁味噌の蔵
  2. 青梅の昆布醤油漬け
  3. マッサデピメントできあがり
  4. インゲンの漬け物、酸豆角