【日々の食】つるんと柔らかい鶏ムネ肉の作り方

具だくさんのあったかお蕎麦

日々の、何気ない食を書き留めておくことにしました。
あっという間に忘れてしまいますよね、何を食べたかなんて。

でも、そんな普通のごはんがいとおしいなあと感じられるようになってきたんです、最近。

音声でもお伝えしています。こちらからお聴きいただけます。

鶏ムネ肉をつるんとした食感に


急に温かいお蕎麦が食べたくなって、乾麺を茹でました。

具は、鶏ムネ肉、人参、ごぼう、長ネギ、出汁をとった後の昆布、万願寺とうがらし、大根、舞茸。

鶏ムネ肉以外はごま油と米油半々で炒めてから昆布水を投入。
血合い抜きの削り節をひとつまみ。
お酒、みりん、醤油で味付けします。

鶏ムネ肉を柔らかくつるんと食べたかったので、米粉を薄くはたいて(片栗粉でも)。
これを炒めてしまうとつるんとした食感にならないので、煮汁が沸騰してから加えます。
この一手間で、周りはつるん、中はふっくら仕上がります。

粉をふる
炒めないで、沸騰したら加える
です。
お試しくださいね。

お蕎麦は茹でてから冷水でしめて、煮汁に加えて温めてからお丼に。

お蕎麦は、以前、乾物ツアーで訪れた時に訪問した山形県西川町の玉谷製麺所さんの月山そばで。
本当にパワフルでエネルギッシュな玉谷貴子さんの情熱に感動して、こちらのお蕎麦をよく食しています。

最近気に入っている四国の丸亀特産の香川本鷹を使った七味をかけて。
美味しいひとりごはんでした。

 

 

 

関連記事

  1. 煎り大豆

    【乾物】豆を手軽に食卓にvol.2〜煎り大豆を料理に使おう!

  2. 混ぜるだけ柿プリン

    混ぜるだけで固まる柿プリンの謎

  3. カーボロネロとアンチョビとチーズのパスタ

    【日々の食】カーボロネロと自家製アンチョビのパスタ

  4. ブラウンレンティル

    【乾物】豆を手軽に食卓にvol.1〜戻さずに使えるレンティル(レンズ豆…

  5. 紫花豆の蜂蜜ジャム和え

    実働10分!外出OK!超お手軽に豆を茹でる方法

  6. 干し柿作り1週間後

    庭の渋柿で作った干し柿、完成までの記録

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 白菜キムチ作り
  2. 紫花豆の蜂蜜ジャム和え
  3. 日本捕鯨史概説

料理教室