【乾物】乾物、非常食収納と、賞味期限を教えてくれるアプリ

ウチの乾物収納

乾物の賞味期限を忘れないための収納とアプリ


乾物のようにそれなりに賞味期限が長い食品って、長いからこそ油断していて、「あれ?もう賞味期限きれてしまったの?」なんていうこと、ありませんか?
昨年2019年10月には食品ロス削減推進法が施行され、食品ロスを減らさなくてはという機運も高まっています。

家庭からの食品ロスを減らす、ということでいえば、日々の生鮮食品を使い切るというのも、もちろん大事なのですが、乾物などの「うっかり賞味期限切れ」をなくすというのも大切。

大量に処分するなんて嫌ですものね。

目次
1 乾物の収納の工夫
2 こんなアプリに頼るのも手?



1 乾物や非常食の収納の工夫


乾物の収納については、

1)ガラス瓶や透明な保存容器などに入れ替えて、常に見えるところに置いておくというのが一つ。
メリットは、常に見えるから、あ、使わなくちゃと気付きやすいことと、見た目がオシャレなこと。
デメリットは、わざわざ移し替えるのが面倒、スペースが必要など。

2)ファイルボックスに収納
市販のファイルボックスに、フォルダーを入れて分類して、袋に入ったまま収納します。
メリットは、スッキリ場所を取らないこと、キッチン以外に置いておいても大丈夫なこと、袋のまま入れればいいだけなので簡単なこと。
デメリットは、干し椎茸や高野豆腐のようなかさばるものの収納には向いていないこと。

3)透明な箱に入れて収納
厚さ5cmくらいの透明な収納容器(A4などの大きさのもの)に、例えば海のもの、山のものなどに大雑把に分けて袋ごと収納します。
メリットは、袋ごと入れるだけなので手軽、透明なので外から確認しやすいなどが挙げられます。
デメリットは、2)と同様、かさばるものの収納には向いていないことが挙げられます。

ウチの乾物収納



2 こんなアプリに頼るのも手?


ちょっと面白いアプリを見つけました。

そのアプリの名前はhello。
(ホームページはこちら)

これ、キングジムのテプラproと連動して使えるのだそうです。

bluetoothで接続して使います。

これに「タイムラベル」という機能があるのです。

テプラproで作ったラベルに、日時や曜日などを設定しておくと、その時がくると携帯に通知がくるのだとか。

上に挙げた1)の収納法だったら、容器に貼っておくと便利。
そうでないものの場合は、袋に貼っていくということになりますが、、、。

今まで特にテプラを意識していなかったのですが、こんなアプリとの連動があると知って、ちょっと今そそられています。

 

The following two tabs change content below.
アバター

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーがきっかけで食の活動をスタート。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. 銀杏をゲット

    銀杏拾いを楽しんじゃいました!

  2. 大牟田と結んで防災食講座〜なぜ乾物が家庭備蓄にむくと考えられるようにな…

  3. かつお節

    【食を読む】沖縄のかつお節消費量が多いワケ〜300年の歴史と4000k…

  4. 赤海老

    アルゼンチン産赤エビはなぜ安い?

  5. ひじきの煮物

    ひじきに含まれる無機ヒ素は危険?

  6. オンライン読書会で一緒に読んだ5冊の食の本

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 乾物マジックマスター講座オンライン
  2. 割干し大根を作る
  3. 食料危機
  4. ガトー・アンビジブル・オー・ポンム
  5. うちの定番ドロドロ酒粕鍋

料理教室