「はじ麩」食べ応えがあって美味しい〜のです

はじ麩

干瓢巻きの端っことか、バゲットの先端とか、端っこって美味しい!と思う人種、一定数いるのではないでしょうか。

私もその一人。
で、今回は新潟の車麩の端っこ、「はじ麩」のご紹介です。
これ、頬張ると美味しいんですよね〜。

ほぼ同じ内容の音声配信はこちらでお聴きいただけます。

目次
1 はじ麩とは?
2 はじ麩を戻す
3 こんな料理に


1 はじ麩とは?


はじ麩とは、車麩の端っこ。
この写真は、山形の文四郎麩の工場を見学させていただいた時のもの。
新潟の車麩とは違う仕上がりなのですが、こんな風に焼き上げたあと、乾燥させて、車麩を切り出していくのは同じ。
となると、最後の丸みを帯びたところが残るわけです。

車麩を焼く

新潟県柏崎市の今井商店さんのHPによると、1本で50枚の車麩をとり、その端っこが2つ残る、これがはじ麩になります。
http://kanbutuya-imai.com/newhajihu.html


2 はじ麩を戻す


車麩のはじ麩は大きいんです!
全部を水に浸すには大きなボウルが必要。
2〜3時間くらいは浸けておかないと、内側が戻りません。
ちょっと手強いです。
でも美味しいからいいんですw。
冷蔵庫に入れて7〜8時間戻しても。
朝入れておけば、夜にはふっくら戻っていてすぐに料理に使えます。

はじ麩を戻す


3 はじ麩はこう食べる


戻したはじ麩は大きめの、というか、かなり大きめの一口大に切るのがお勧めです。
お出汁を吸ったはじ麩を頬張る幸せwを味わいたいので。
ギュッと水気を絞ってから料理に使います。

先日は鴨鍋に加えました。
すき焼きや鍋物にぜひ。
カレーにも合います。
親子丼のような味付けで卵でとじるのもいいと思います。
また、私はあまりしないのですが、唐揚げもファンが多いようですよ。

洋風のスープにも実は合います。
下の写真は、はじ麩ではないですが、鶏肉と車麩をローズマリー風味で煮たもの。

鶏肉と車麩のローズマリー風味

4 どこで買う?


一般のスーパーでお目にかかることはまずないと思ってください。
数が少ないこともあり、基本は産地近くの乾物屋さんや、ネット販売でしか手に入りにくいと思います。
産地というのは新潟。
しっかり緻密に3回か4回巻きつけているのが特徴です。
同じ車麩という名前でもまた違うお麩があり、上にあげた文四郎麩さんの車麩や、沖縄のものは製法は似ているものの、食感が全く違います。こちらはこちらでとても美味しいのですが。

今井商店さんからも購入できます。
ただし、私が買ったのは、車麩のはじ麩。普段は小車麩のはじ麩とのことで、サイズがかなり違います。
ご注意くださいね。
http://kanbutuya-imai.com/newhajihu.html

Amazonでも見つけました。

機会があったら、ぜひ試してみていただきたい、車麩のはじ麩。
鴨鍋のとき、鴨肉よりお麩がご馳走!と思ってしまった私です。

食に関する情報をお届けしています。お読みいただけたら嬉しいです。
メルマガ購読はこちらから

The following two tabs change content below.

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 東大法学部卒。外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーをきっかけに食の世界に。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行している。 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. 高野豆腐

    【乾物】高野豆腐をプルプルに戻すポイント

  2. にぎり昆布

    柔らかい昆布を食べたい時にお勧め〜気仙沼の「にぎり昆布」

  3. クスクス

    クスクスとは?、製法、戻し方、簡単レシピまで〜乾物料理のプロが伝授

  4. マコモダケとワイルドライス

  5. 「夜は我が家は楽しいインドフェアでした。」

  6. 柿酢仕込み1

    1ヶ月ほどかけて柿酢完成

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 自家製デュカ
  2. クスクス
  3. ラープ・ムー
  4. 唐揚げとビール
  5. 世界の郷土菓子

料理教室

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。