【乾物】八つ頭の茎を干して芋がらに

畑の芋がら

大多喜の家を訪れたら、お隣のWさんがちょうど八つ頭の収穫中。
茎と葉もたくさんあったので、ご挨拶ついでに「それは、やはり干すんですか?」と聞いたところ、「いや〜もう面倒だから捨てちゃうの」とのこと。
えええええ?
「じゃあ、いただいてもいいですか?」「こんなんでいいなら、どうぞどうぞ」
というわけで、いただいてきました!

このエピソード+アルファの内容は音声でもお聴きいただけます。
こちらから。

目次
1 八つ頭の茎を干さずに食べる
2 八つ頭の茎を干して食べる


1 八つ頭の茎を干さずに食べる


八つ頭の茎は、干さないで食べることができます。
皮を剥いて、食べやすい大きさに切って酢水につけてから5分ほども湯がいて、ちょっと食べてみてアクがなければ出来上がり。
皮は、ふきの皮を剥くように端をつまんで引っ張ればつ〜っと剥けます。
素手で剥いたら、指先と爪の中が赤く染まってしまいましたが、すぐに石鹸で洗ったら落ちました。
ここまでしておけば、炒めものや煮物、酢の物などに使えます。

八つ頭の茎を切る

2 芋がらを干して食べる


でもこれ、生で食べるだけではなく、乾物にすると美味しいんですよね。
乾燥芋がら、芋茎(ズイキ)、あるいは割り菜などと呼ばれ、市販もされています。
シャキシャキした感触と淡い酸味があり、大好きな乾物の一つです。

普通の里芋の茎は青くアクが強いので、八つ頭など赤い茎のものの方が美味しいと言われます。
市販の乾燥芋がらもあるのですが、最近はタイ産のものが多く、青い茎から作られているものもあるようです。

八つ頭の赤い茎を洗ったら、新聞などに広げて1日干しておきました。
そうなると皮が剥きやすいようです。
指での皮を剥きます(ゴム手袋をつけると指が染まらずにすみます)。
その後、紐で結んで干してみましたよ〜。
しっかり乾燥させるまでには2〜3週間ほどかかるとのこと。
さてどうなるか楽しみです。
こちらに追記していこうと思います。

芋がらを干す

干した芋がらの戻し方は、人によっていろいろのようですが、私は水洗いしてから5分ほど湯がき取り出したら洗い、15分ほど水に放っておきます。
それを絞って使います。

お味噌汁はもちろんですが、韓国風の辛いスープや激辛火鍋に入れたりするのが好きです。
スープの味をよく吸い、また濃い味が合うように思うので。

畑で捨てられてしまうところだった芋がらをレスキュー。
さて、芋がら、上手に干せるかな?

<追記>
11月5日 Day4
芋がら干し始めて4日め

11月10日 Day9
芋がら干しはじめて10日目

ありがたいことに晴天が続いているので、着々と乾いてきています。
ヒモを結ぶ時に、一回結びだけで列にしていったのが功を奏しています。
都度、ちょっとずつ引っ張って細くなった芋がらを縛ってやらないと、抜けてしまいます。
だんご結びにしなくてよかった!(そこまで考えてやっていたわけではなかったのですが)

11月15日 Day14
細い部分は完全に乾き、太い部分がまだちょっと。
太い部分を割いてみました。
割り菜と呼ばれてもいる芋がらの乾物。
太い部分を割って乾かすことで均等に乾かしているのでしょうね。
というわけで、今更ながらに割ってみました。
芋がら作りDay14

11月26日 Day25
カラカラに干し上がりました!

干し上がった芋がら

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 干し柿作り1週間後

    庭の渋柿で作った干し柿、完成までの記録

  2. ズッキーニのチーズグラタン

    【ウチの定番】ズッキーニのチーズグラタン

  3. 黒目豆ブラックアイビーン

    【乾物】豆を手軽に食卓にvol.6 意外にも戻さず使える黒目豆

  4. 羊肉の内モンゴル風

    調味法パターンを増やすと、レシピがなくても料理が作れます

  5. 青大豆

    【乾物】豆を手軽に食卓にvol.4〜青大豆は、枝豆好きな人にお勧め!

  6. はじき葡萄

    ウチの定番フルーツ料理あれこれ。江戸時代の料理も?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 白菜キムチ作り
  2. 紫花豆の蜂蜜ジャム和え
  3. 日本捕鯨史概説

料理教室