マコモダケとワイルドライス

まこもだけの季節になりましたね。
タケノコにも似た食感が心地よく、アクがないのでアク抜きも不要、クセのない味のため、様々な料理に使えます。

今回はまこもだけについて、書いてみます。

ほぼ同じ内容の音声配信はこちらでお聴きいただけます。

目次
1 まこもだけとは?
2 まこもだけの美味しい食べ方


1 まこもだけとは?


まこもだけは、JAのホームページによると
水辺で育つイネ科の植物マコモの若い茎が肥大化したもの
とのこと。
若い茎というので調べてみたら、多年草だそうです。
ダケとつきますが、キノコではありません。

まこもだけの旬は9月中旬くらいから11月ごろ。

ちなみに、マコモの一種アメリカマコモの実は、ワイルドライスと呼ばれる高級食材。
ウチでは、アメリカに25年以上住んでいた義母のワイルドライス・キャセロールのレシピが定番です。
こちらは一年草だとのこと。
かつては北米の先住民が、カヌーで収穫していたと言います。
ライスという名前がつきますが、米とは違い、タンパク質が豊富で深みのある味わいです。

下の写真は、ワイルドライスのサラダを作った時のもの。
2cmくらいの細長い黒いものがワイルドライスです。

ワイルドライスのサラダ

こうなると、まこもだけができるマコモの実はどんなものなのか、気になります。


2 まこもだけの美味しい食べ方


まこもだけは味にクセがないので、色々な料理に向きます。

私のイチオシは、皮つきのままグリルして中まで火を通し、皮を剥いて中身に塩をつけて食べるというシンプルなもの。
ホクホク、サクサクの食感が美味しいです。
(夕飯写真にあるのがそれです)

普通は、皮を剥いて中身を取り出し、薄切りにして炒めものや汁ものに加えるとか、天ぷらにするなどになるでしょうか。
使いやすい野菜なので、見つけたらぜひ、その食感を楽しんでみてくださいね。

 

 

The following two tabs change content below.

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 東大法学部卒。外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーをきっかけに食の世界に。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物や米粉の活用法を中心にレシピを開発。 料理教室を開催、食品メーカーさんのメニュー開発などを手掛けている。 料理を自由に発想でき、毎日の料理が楽しくなる独自の「ピボットメソッド」を考案。個人やメニュー開発が必要な方向けのトレーニングも行っている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行している。 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. ブータン料理を食べる、作る!

  2. シンガポール風ペッパークラブ

    お節から一転、シンガポール&インド風食卓(レシピ付き)

  3. 自家製豆板醤完成

    自家製豆板醤が、美味しくできましたよ〜!

  4. マッサデピメントできあがり

    ポルトガルの調味料、マッサ・デ・ピメントって何?使い道、作り方、保存法…

  5. 白菜キムチ作り

    キムチを仕込みました〜簡単レシピ

  6. 高田馬場李厨の酸辣蕨根粉

    久しぶりに酸辣蕨根粉を食べて思い出した、湖南省の美味しいもの

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 水分子
  2. 八丁味噌の蔵
  3. 青梅の昆布醤油漬け
  4. マッサデピメントできあがり