マコモダケとワイルドライス

まこもだけの季節になりましたね。
タケノコにも似た食感が心地よく、アクがないのでアク抜きも不要、クセのない味のため、様々な料理に使えます。

今回はまこもだけについて、書いてみます。

ほぼ同じ内容の音声配信はこちらでお聴きいただけます。

目次
1 まこもだけとは?
2 まこもだけの美味しい食べ方


1 まこもだけとは?


まこもだけは、JAのホームページによると
水辺で育つイネ科の植物マコモの若い茎が肥大化したもの
とのこと。
若い茎というので調べてみたら、多年草だそうです。
ダケとつきますが、キノコではありません。

まこもだけの旬は9月中旬くらいから11月ごろ。

ちなみに、マコモの一種アメリカマコモの実は、ワイルドライスと呼ばれる高級食材。
ウチでは、アメリカに25年以上住んでいた義母のワイルドライス・キャセロールのレシピが定番です。
こちらは一年草だとのこと。
かつては北米の先住民が、カヌーで収穫していたと言います。
ライスという名前がつきますが、米とは違い、タンパク質が豊富で深みのある味わいです。

下の写真は、ワイルドライスのサラダを作った時のもの。
2cmくらいの細長い黒いものがワイルドライスです。

ワイルドライスのサラダ

こうなると、まこもだけができるマコモの実はどんなものなのか、気になります。


2 まこもだけの美味しい食べ方


まこもだけは味にクセがないので、色々な料理に向きます。

私のイチオシは、皮つきのままグリルして中まで火を通し、皮を剥いて中身に塩をつけて食べるというシンプルなもの。
ホクホク、サクサクの食感が美味しいです。
(夕飯写真にあるのがそれです)

普通は、皮を剥いて中身を取り出し、薄切りにして炒めものや汁ものに加えるとか、天ぷらにするなどになるでしょうか。
使いやすい野菜なので、見つけたらぜひ、その食感を楽しんでみてくださいね。

 

 

関連記事

  1. シンプルホタテごはん

    ウチのシンプル炊き込みご飯レシピあれこれ

  2. グリーンスプリットピー

    【乾物】豆を手軽に食卓にvol.5〜戻し不要のスプリットピー

  3. 家で肉骨茶バクテーを作る

    【日々の食】肉骨茶(バクテー)は三度美味しい!

  4. 亀の手

    【日々の食】亀の手を美味しく食べる

  5. ブラウンレンティル

    【乾物】豆を手軽に食卓にvol.1〜戻さずに使えるレンティル(レンズ豆…

  6. 大根の皮を干す

    【乾物】大根の皮は干すととびきりの食感に!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. シンプルホタテごはん
  2. かつお節
  3. はじき葡萄
  4. 独学大全

料理教室