伝統野菜、日野菜(ひのな)の甘酢漬けの作り方〜赤かぶやラディッシュでも!

ひの菜づけ完成

「らでぃっしゅぼーや」 という宅配サービスで、「いと愛づらし野菜」という珍しい野菜のおまかせセットをほぼ毎週届けてもらっています。

二週続けて入ってきたのが、日野菜(ひのな)。

滋賀県蒲生郡日野町が発祥の赤かぶの一種なのだそうです。

赤かぶの甘酢漬けの気分で、日野菜も甘酢につけたら、キレイなピンクに染まりました。

簡単甘酢漬けレシピをご紹介します。

切干し大根7つのレシピ、無料プレゼント中!

切干し大根プレゼント

詳細を見る

サステナブル料理研究家、一般社団法人DRYandPEACE代表理事のサカイ優佳子です。

2011年からは特に、現代のライフスタイルに合わせた乾物の活用法の研究、発信に力を入れており、14冊の著書があります。

日々の食卓を手軽に美味しく楽しみながら、キッチンから世界をみる眼を持ち続けたいと思います。

日々の食に役立つ情報をお届けする無料メルマガを書いています。
ぜひ、キッチンから世界をみる仲間になってくださいね!
サカイ優佳子の 楽しく 美味しく 未来を創る

 

1 日野菜は滋賀県の伝統野菜

日野菜

日野菜は、先にも書いたように滋賀県の日野町という地域が発祥の赤かぶの一種で、滋賀県の他、京都や三重県でも作られているそうです。

日野菜が穫れる時期は、10月下旬から12月の上旬です。

紫色の野菜なので、これはお漬物にしたら綺麗になるだろうなあと、甘酢漬けにすることにしました。

2 日野菜の甘酢漬けの作り方

日野菜の甘酢漬け
赤かぶの甘酢漬けを作る時と同様にやってみました。

日野菜の甘酢漬けレシピ

  1. ヒゲ根を切り取り、洗う。
  2. 葉は少量の塩を入れた湯でさっと湯掻いてからよく絞り、2cm長さに刻む。
  3. かぶは、今回は、5mmの薄切りと4cm長さに切って4つ割とを作ってみました。
  4. 3の重さの3%程度の塩をしてよく混ぜたら30分ほど放置。
  5. 3の重さの10%の酢、8%の砂糖を混ぜて、ギュッと絞った4と2にかけて混ぜる。
  6. 密封できるタッパーに入れて、たまにシャカシャカ振って2日ほど冷蔵庫の野菜室に入れておく。
ひの菜の甘酢漬け

紫色がお酢に反応してこんな綺麗な色に!

ご飯のお供に、お酒のアテに、そしておやつがわりにポリポリしています。

薄切りと大ぶりなものと、食べ比べてみると、私は大ぶりに切った方がポリポリ食感が感じられて、より好みでした。

赤かぶやラディッシュでも同じように作れます。

試してみてくださいね。

保存期間

冷蔵庫に保存して2週間くらいでしょうか。

今回漬けたのは4本。

この程度だと、もっと早く食べ終わってしまいそうですが。

3 調味料で、出来上がりが変わる

調味料

調味料は、美味しいものを使うと仕上がりに差が出ます。

食材全てについてこだわって買うわけにはいかないので(家計破綻しちゃいますw)、調味料は美味しいと思えるものを揃えるようにしています。

(とは言っても、取り寄せばかりではこれまた家計破綻するので手に入れやすいものの中でではありますが)

全ての料理がレベルアップするので、調味料を選ぶことは合理的と考えています。

和食に使うお酢は、千鳥酢か、富士酢を買うことが多いです。

千鳥酢はツンとこないのが気に入っています。

 

<ローリングストックを実現するためのレシピ本のご案内>

Udemyというビデオ講座プラットフォームで公開している4つの講座の内容を2冊にまとめたkindle本です。

それぞれに28のレシピと、利用する乾物についての防災的視点での解説集をつけています。

 

続 https://amzn.to/39TOUXH

1冊900円ですが、kindle unlimitedにご登録の方は無料で読むことができます。

*初めて登録の方は30日間無料(期間経過後は月980円)なので、初めての方は超お得!

そうでない場合も2冊とも読んでいただければ元が取れます。

→kindle unlimitetd登録はこちらでできます。

 

 

 

The following two tabs change content below.

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 東大法学部卒。外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーをきっかけに食の世界に。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行している。 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. 2020年暮れのお年取り料理

    お正月の記録〜新潟の旧家の味を千葉生まれの私が引き継いで

  2. レモングラスで作った納豆

    庭のレモングラスで納豆を作ってみました

  3. 柿酢仕込み1

    1ヶ月ほどかけて柿酢完成

  4. 混ぜるだけ柿プリン

    混ぜるだけで固まる柿プリンの謎

  5. 油麦菜

    新顔野菜「油麦菜」は、これから流行る?

  6. 羊肉の内モンゴル風

    調味法パターンを増やすと、レシピがなくても料理が作れます

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA