<グルテンフリーレシピ>フランス発ガトー・アンビジブルを米粉で作ってみました

ガトー・アンビジブル・オー・ポンム

サステナブル料理研究家のサカイ優佳子です。

ガトー・アンビジブル(Gateau Invisible)というスイーツ、ここ数年流行っていると、最近になって知りました(遅いw)。
フランス生まれのお菓子とのこと。

日本ではガトー・インビジブルと呼ばれることが多いようですが、フランス語的にはアンビジブルと発音するはず。
なので、ここではガトー・アンビジブルと書きますね。

Gateauはフランス語でケーキを意味し、Invisibleは「見えない」という意味。
何が見えないかというと、具がたくさんで生地が見えないということなのだそうです。

フランスでは小麦粉で作りますが、「米粉食堂へようこそ」「米粉ランチ」と米粉料理の本も出しているので、せっかくなので米粉で作ってみました。

ほぼ同じ内容の音声配信はこちらでお聴きいただけます。

 

目次
1 グルテンフリーのガトー・アンビジブル・オー・ポンムの作り方
2 甘くないガトー・アンビジブルも作ってみました
2つのポテトのガトー・アンビジブルの作り方


1 グルテンフリーのガトー・アンビジブル・オー・ポンムの作り方


一番よく作られているのが、ガトー・アンビジブル・オー・ポンム、りんごのガトー・アンビジブル。

米粉のガトー・アンビジブル
材料
りんご 1.5個程度(正味400gくらい)、レモン汁 小さじ1、A{米粉 40g、ベーキングパウダー 小さじ1/2、無塩バター 10g、卵 1個、牛乳 50ml、バニラエッセンス 2滴くらい、シナモンパウダー・カルダモンパウダー 各少々、ラム酒 小さじ1、塩ひとつまみ}、粉糖 適量
(無塩バターがなければ、塩はなしで)

作り方

  1. オーブンを200度に予熱しておきます。
  2. りんごは皮をむいて薄切りにして、レモン汁をふりかけておきます。
  3. Aの材料をフードプロセッサーで撹拌して生地を作ります。
    フードプロセッサーがない場合は、バターをあらかじめ溶かしてから、ボウルの中で全体をよく混ぜてください。
  4. 3の生地が満遍なくつくように2のりんごを和えます。

    ガトー・アンビジブルを作る

    生地が満遍なくりんごにつくように混ぜます。

  5. 底にオーブンシートを敷いて、脇に油を塗ったパウンド型に4のりんごを層になるように並べます。
    (まあ、このくらい適当でいいんですけどねw)

    ガトー・アンビジブルを焼きます

    オーブンに入れたところ。りんごが上に見えていても問題なしです。

  6. 200度のオーブンで40分ほど焼いて粗熱が取れたら、型から抜いて粉糖をふりかけます。

*切り口が綺麗に切れるので、冷やしてから切るのがオススメです。
*りんごの食感がしっかり残って、生地はしっとり。プリンのような味わいです。

家族からは「店で売っていたら買いに走るレベル」と大絶賛。
これだけ簡単なのに。
あっという間になくなってしまいました。
「カルダモンの風味が深みを出している」とのコメントも。

お菓子にシナモンはよく使いますが、私はカルダモンとペアで使うのが好み。
これでグッと香りに奥行きが出るように感じています。

 


2 甘くないガトー・アンビジブルも作ってみました


さて、りんごだけではなく、梨でもおいしくできます。
柿も行けるかも。そのうち試してみます(自分への宿題)。

ポテトのガトー・アンビジブル

さつまいもとじゃがいも半々で、甘くないガトー・アンビジブル

さて、この方法、スイーツじゃなくても応用できるのでは?と思い、考えてみました。
ワインのあてになりそうなこんなGateau Invisibleはいかがでしょうか?
じゃがいもとさつまいも半々で、少し玉ねぎも入れて、甘くないGateau Invisibleを作ってみました。

2つのポテトのガトー・アンビジブル

じゃがいも150g、さつまいも 150g、玉ねぎ 1/8個、A{米粉 40g、ベーキングパウダー 小さじ1/2、オリーブオイル 小さじ2、卵 1個、牛乳 50ml、パルミジャーノレッジャーノのすりおろし 大さじ1.5、ナツメグパウダー 少々、ローズマリーの葉 少々、塩ひとつまみ、胡椒少々}
作り方はりんごの場合と同じです。
じゃがいも、さつまいも、玉ねぎを薄切りにして、混ぜたAで和えて焼きます。
もちろん粉糖はなし。
このまま焼くと表面がカリカリになるので、それがいやな方は、上にチーズ(分量外)をたっぷりかけるのもおすすめです。

具の総量と、Aの分量を覚えておけば、スパイスやハーブをその具材に合わせてアレンジして、いろいろなGateau Invisibleが作れそうです。
ポテトの方が具材の分量が少ないのは、りんごは水分が抜けて薄くなるのに比べて、ポテトはそれがないため、生地との比率が同じだと型崩れしそうだなと思ったためです。

ガトー・アンビジブルは、あらかじめ具材を茹でたり炒めたりする必要がないのもお手軽。
バリエーションを工夫して楽しんでみてくださいね。

料理のこと、食にまつわるさまざまなことをメルマガで発信しています。
お読みいただけたら嬉しいです。
メルマガ購読はこちらから

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーがきっかけで食の活動をスタート。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. キムチづくりの会 キムチ仕込み終了

    キムチを一緒に作ると楽しい!

  2. 青大豆

    【乾物】豆を手軽に食卓にvol.4〜青大豆は、枝豆好きな人にお勧め!

  3. はじ麩

    「はじ麩」食べ応えがあって美味しい〜のです

  4. 乾物マジック朝食

    乾物エヴァンジェリスト増殖中!「知らなかった私のように、たくさんの人に…

  5. チーズフォンデュ

    【日々の食】チーズフォンデュを作りながら考えたこと

  6. 大きな鯛2尾で880円

    美味しく食品ロス削減〜簡単豪華な鯛めしで行こう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

料理教室

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。