戻し不要!割り干し大根と干し椎茸の炊き込みご飯〜乾物料理のプロのレシピ

割り干し大根の炊き込みご飯

割り干し大根、使ったことはありますか?

太いので、切り干し大根とはちがう食感を楽しめますよ!

戻さずそのまま使えて、大根の甘味、旨味が味わえる炊き込みご飯のレシピをご紹介します。

旨味たっぷり!割り干し大根と干し椎茸の炊き込みご飯〜戻さないでOK

この料理の特徴

3種類の乾物をお米っと一緒に炊くだけで、旨味たっぷりの炊き込みご飯になります。

おかずと一緒に食べても邪魔をしない薄味に仕上げていいたので、濃い味が好きな人は醤油を少し増やすか、炊き上がりに塩をふってください。

材料

米 2合、割り干し大根 20g、スライス干し椎茸 5g、切り昆布 1g、酒 大さじ1、醤油 大さじ1/2

作り方

  1. 割り干し大根は、ハサミで3〜4cm長さに切る。
  2. 米は研いで普通に水加減する。
  3. 全ての材料を合わせて、普通に炊く。

割り干し大根の炊き込みご飯

  • 胡椒をふったり、塩少々をしておにぎりにしたりするのも美味しいです。
  • 気になる人は、割り干し大根をさっと洗ってから使ってください。
    ただし、表面の汚れを落とす程度にしないと、余計な水分を吸ってしまって全体の水分量に影響してくるのでご注意ください。
  • 炊飯器で炊く場合は、白米キーの場合、浸水時間も含まれているのでそのまま炊いてOKです。
    ただ、鍋で炊く、あるいは炊飯器の早炊きで炊く場合は、お米を美味しく炊くために30分浸水してから炊くのをお勧めします。
    この時、乾物類も一緒に入れて浸水すれば、その間にも乾物の旨味をお米が吸うことになります。

割り干し大根を買う

割り干し大根は市販もされています。

近くのお店にない場合は、ネットで買うこともできます。

自家製割り干し大根を作る、戻し方やレシピを知る

割り干し大根の自家製割り干し大根の作り方、戻し方、いろいろレシピは、こちらでご覧ください。

割り干し大根の作り方と、美味しいレシピ〜乾物料理のプロが伝授

ビデオ講座
野菜を無駄なく美味しく!自家製乾物作りとその活用法講座

干し野菜を作る

野菜を干して保存!地球にも家計にも優しい暮らし、始めませんか?

サステナブル料理研究家、一般社団法人DRYandPEACE代表理事のサカイ優佳子です。

サカイ優佳子

2011年からは特に、現代のライフスタイルに合わせた乾物の活用法の研究、発信に力を入れ、著書14冊(うち、乾物関連7冊)になりました。

著書

主な著書

  • 食品ロス削減
  • 省エネ
  • もしもの時の備え

そして意外かもしれませんが、料理を時短にしてくれるのが乾物

いいことだらけの乾物をふだんの食卓に取り入れる方法を、このブログでもいろいろお伝えしています。

乾物に関する役立つ情報満載の無料メルマガを書いています。
ぜひ、乾物仲間になってくださいね!
乾物ってこんなに簡単!日々の料理を手軽に美味しく

なぜ乾物?について、インタビューを受けました。
20分ほどの動画です。ご覧いただけたら嬉しいです。
Re・rise News

 

The following two tabs change content below.

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 東大法学部卒。外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーをきっかけに食の世界に。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行している。 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. 高野豆腐のフレンチトースト

    高野豆腐の簡単レシピ〜煮物、唐揚げ、フレンチトースト 乾物料理のプロが…

  2. 乾物で東アジアの料理を作る

  3. 天然真昆布

    日本で昆布がとれなくなる?養殖増の可能性は?〜乾物料理のプロが解説

  4. 京急百貨店COTONOWAで乾物防災食講座

    【乾物】「フェーズフリー」な家庭備蓄とは?

  5. 中国の乾燥メンマ「乾筍」、台湾の「筍竹」、姫皮の筍〜海外の干したけのこ…

  6. 自家製干し芋

    自家製干し芋を、甘く美味しく作るポイント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA