684日の世界旅行で出会った「食べる。」〜中村安希さんの本を読んで

サステナブル料理研究家、一般社団法人DRYandPEACE代表理事のサカイ優佳子です。

2011年からは特に、現代のライフスタイルに合わせた乾物の活用法の研究、発信に力を入れています。

日々の食卓を手軽に美味しく楽しみながら、キッチンから世界をみる眼を持ち続けたいと思います。

日々の食に役立つ情報をお届けする無料メルマガを書いています。
ぜひ、キッチンから世界をみる仲間になってくださいね!
サカイ優佳子の 楽しく 美味しく 未来を創る

 

ある本を読んだらおもしろくて、その著者の別の本を読んでみよう!ってなるのは、楽しいなって思います。

今回は、そんなことで出会った「食べる。」という本について、ご紹介させてください。

ほぼ同じ内容の音声配信はこちらでお聴きいただけます。

standFM 「サカイ優佳子の 食卓で世界旅行

1 読書会で紹介していただいた本

ある日の読書会で参加してくださった方にご紹介いただいた「もてなしとごちそう」という本が、とてもおもしろかったのです。

きっかけは、2月に開催したオンライン読書会。

参加してくださった方が持ち込んだ本「もてなしとごちそう」は、旅と食が大好きな私の心に響きました。

そんなわけで、著者の中村安希さんに興味をもち、他の本も読んでみようと早速図書館で予約を入れたのです。

そのうちの一冊が、「食べる。」という文庫本でした。

684日間に渡って世界を旅する中でのできごとが描かれています。

例えば、エチオピアでは、日本人旅行者には「ゲロ雑巾」として知られる主食「インジェラ」を味わいます。

ネパールでは、目の前で屠殺したヤギの内臓や皮膚の料理でお腹がいっぱいに。

モンゴルでは、「野菜を食べたことがない」という老紳士に出会います。

スリランカでは、「乾燥した魚肉片」を口にして「かつお節?」という感想を漏らします。

モザンビークの屋台で、「ママ」が作るキャッサバのココナッツミルク煮のできあがりをのんびりと待つ時間もあります。

世界のさまざまな場所での、人や食との出会いが描かれていて、その旅の情景が浮かびます。

2 人との距離の変化?

この「食べる。」は、2014年に文庫版が出ています。

「もてなしとごちそう」が書かれたのは、2020年、著者は40代に突入したところです。

「食べる。」では、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、「あなたはあなた、私は私」と人を突き放したような雰囲気を所々に感じます。

それは著者の若さでもあり、女一人で世界を旅して歩く中で、いやでも身につけなければならなかった「冷たさ」、人との距離なのかもしれません。

近著の「もてなしとごちそう」においては、この「食べる。」よりも、人との心理的な距離がぐっと近くなっているように感じます。

過酷とも言える旅を終えてしばらく経って、著者の視線も、気持ちのあり方や人との接し方も変わったのでしょうか。

「もてなしとごちそう」には、距離を超えての人の繋がりの尊さ、人のあたたかさを感じました。

【食を読む】「もてなしとごちそう」コロナで遠くなった、あの悦び

3 本を読んで思い出したこと

モルディブフィッシュ。カチンカチンです。

モルディブフィッシュ

「食べる。」というタイトルではありますが、この本の中の食は、人との出会いや出来事の背景、名脇役として描かれています。

例えば著者が「かつお節?」と思ったものが何なのか、インジェラは何からどう作るから「ゲロ雑巾」と言われるほどに酸っぱいのかなどについてを追求しようとはしません。

著者の目は、食べものそのものではなく、情景や出来事のなかにある食に、あるいは食がきっかけになった出会いや道行きに向けられています。

ちなみに、著者が「かつお節?」と思った魚肉片は、おそらくモルディブフィッシュ。

カビを生やすことはしないものの、日本のかつお節とほぼ同じ作られ方をしています。

私も買って食べてみたことがありますが、カチンカチンに硬いです。

モルディブやスリランカの料理には、これがベースに使われると聞いています。

インジェラ

私がインジェラを初めて食べたのは1991年、ケニアのエチオピア料理店ででした。

エチオピアの新年だというのに、内戦の危険から祖国に帰れない寂しさで涙を流しながら新年を祝っている亡命エチオピア人たちと一緒でした。

写真は残っていないのですが、今でもインジェラの見た目と美味しさが記憶に残っています。

私にとっては、「ゲロ雑巾」ではありませんでした。

店に入ると美しいポットから水をたらしてくれるので、その水で手を洗ってから席につきます。

直径1mほどで高さが20cm程度のカゴのように木で編み、上が平らな器?の上に広げられたインジェラの上に、ワットと呼ばれる肉の煮込みや野菜の和えものなどさまざまな料理がおかれていました。

インジェラは、テフという穀物を粉にしたものを発酵させて作ります。

テフを主食にしているのは、エチオピアだけといいます。

これをちぎりながら、上にのったおかずと一緒に食べるのです。

この日、「新年を一緒に祝って!」と、生肉をご馳走になりました。

大きな塊の肉には、赤い香辛料がたっぷり振りかけてありました。

今思えば、おそらくはエチオピアのミックススパイス、バルバレだったのだと思います。

ナイフで切り取って、100g以上はありそうな量を渡されました。

そして、食べたあとは、彼らの祖国の平和を祈りながら彼らとともに踊りました。

インジェラの美味しさに感激して、帰国後すぐに都内にあるエチオピア料理店を訪れましたが、そこまでの感動は残念ながら得られませんでした。

4 旅好きな人は注意

食への関心が半端ない自分としては、食に関してのツッコミがもう少し欲しいなあと思ってしまうところはあります。

でも、それはないものねだりとわかっています。

旅好きとしては、著者が描く人間模様やその土地の風景に、旅心を存分に刺激されながら最後まで読んでしまいました。

コロナで簡単には海外に出ることができない今、読む人はちょっと注意が必要かもしれませんね。

旅に出たくなります!

解説は、森枝卓士さん。

なるほど、の人選です。

森枝さんの解説を読んだ旨お伝えしたら、

「彼女は立派な旅人でしょ?食の表現者としてもたいへんなもの。食がメインじゃないけれど。」

との返信がありました。

すごい旅人と思いました。旅に出たくなりますね。この次は『インパラの朝』が控えています。」

食がメインには描かれていない「食べる。」というこの本からは、人はどんな状況にあっても食べずには生きていけないという事実が浮かび上がってきます。

この本の中で描かれる食は、「美食」ではありません。

「食べる」の後にある「。」が、

今日も「食べる」そして1日が終わる、そしてまた一歩進む。

そうやって旅の一日一日を生きていく、著者の決意の現れのように感じられるのです。

 

食に関する情報だけが届くメルマガを書いています。

本を通じて、食について考える時間を持つ仲間になってくれたら嬉しいです。

メルマガ「食を読む」購読ボタン

 

乾物の知識クイズに挑戦
メルマガ購読はこちらから

乾物に関するメルマガ購読ボタン

 

 

 

The following two tabs change content below.

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 東大法学部卒。外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーをきっかけに食の世界に。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行している。 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. 野菜

    遺伝子組み換えに関する賛否両論〜映画「FOOD EVOLUTION」を…

  2. お気に入りの水筒

    在宅ワークにむく水筒?

  3. 日本捕鯨史概説

    【食を読む】「日本捕鯨史 概説」捕鯨は伝統文化?

  4. 肉とすっぽん

    肉と人との関係の深さを感じる〜「肉とすっぽん」

  5. 土鍋の炊きたてご飯

    【食情報】米の消費減が止まらない〜コロナでさらに加速?

  6. 2021年オンライン読書会

    分野もそれぞれ5冊をご紹介!食がテーマのオンライン読書会

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA