数の子が高値なのもコロナの影響?

数の子下ごしらえ

お正月の準備に、近くにある市場に買い出しに行ってきました。

毎年買っている数の子の売り場に行くと、今年は驚くほど高い!

ほぼ同じ内容の音声配信はこちらでお聴きいただけます。

目次
1 数の子が高い!高すぎる、、、
2 アメリカやカナダでニシン漁に出ていないから?
3 食卓と社会は繋がっている


1 数の子が高い!高すぎる、、、


今年は、コロナの影響もあって飲食店での仕入れが減少して、食材が余っていると聞いていたこともあり、数の子がこの高値とは驚きました。

いつも買っている無漂白の塩数の子がキロ4,800円!3割は高いという印象です。
例年置いている無漂白の多少崩れのあるものも、今年は入らないとのこと。
品薄なのだそうです。

それも500gからと言われてしまい、今年は泣く泣く、漂白した特売品に。
「いや〜、食感は全く違いますよ。でも高いよね〜」とお店のおじちゃまも。


2 アメリカやカナダでニシン漁に出ていないから?


おじちゃま曰く、コロナの影響なのだそうです。
アメリカ(主にアラスカ)やカナダの漁師さんたちが、海にでる回数も減り、日本人しか食べない数の子(つまりはニシン)を獲るよりはと、カニ漁に集中しているとのこと。

「品物が少なすぎて、一旦売りに出したものを買い戻したくらいだよ」とおじちゃま。

数の子はほぼ100%輸入とよく聞きますが、信頼できる自給率の数字は見つけられませんでした。

北海道の留萌振興局のサイトによれば、留萌の数の子は「全国一の生産量と品質」(すでに解散した留萌水産物加工協同組合HPによると50%近くを占めるとのこと)とはいえ、
「ニシンが獲れなくなってから、伝統あるニシン加工の技術を活かし、カナダ、アメリカ、ロシアなどの外国の冷凍ニシン、原卵を他の地方に先駆けて輸入」
とあるので、留萌で扱っているものも、北海道でとれたニシンの子ではないようです。

2020年4月11日の北海道新聞の記事のタイトルによれば(無料で限定的読める会員になったのですが、古い記事だからか全文が表示されません)、「留萌のカズノコ半減かも 新型コロナ影響 原料輸入元が操業停止」とあります。

う〜ん、やはりコロナの影響はあるのですね。

3 食卓と社会は繋がっている


当たり前のことですが、私たちの食卓と社会は繋がっています。
社会の影響も受けるけれど、逆にいえば、私たち一人一人の食卓が社会に影響を与えていくことにもなるんですよね〜。

おせち料理の定番、数の子。
今年は、少量だけ、大事にいただくことにします。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーがきっかけで食の活動をスタート。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. 2021年オンライン読書会

    分野もそれぞれ5冊をご紹介!食がテーマのオンライン読書会

  2. CLEAN MEAT 培養肉が世界を変える

    <食の未来>細胞農業が開く未来?①〜工業型畜産は限界を迎えている〜

  3. ウチの乾物収納

    【乾物】乾物、非常食収納と、賞味期限を教えてくれるアプリ

  4. 肉とすっぽん

    肉と人との関係の深さを感じる〜「肉とすっぽん」

  5. 温暖化で日本の海に何が起こるのか

    【食を読む】ハイペースで温暖化が進む日本の海で何が起きている?

  6. 激安商品の落とし穴

    【食を読む】「激安食品の落とし穴」に意外な嬉しい発見!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 食料危機
  2. ガトー・アンビジブル・オー・ポンム
  3. うちの定番ドロドロ酒粕鍋
  4. 2021年オンライン読書会
  5. タッパー漬けもの

料理教室