菊は美味しい!

菊の甘酢和え

菊の花は大好物。
紫色の花が店に並んでいるのをみると、まず買ってしまいます。
食用菊の種類、産地、食べ方などについて書いてみますね。

ほぼ同じ内容の音声配信はこちらでお聴きいただけます。

目次
1 食用菊の種類
①延命楽
②阿房宮
③小菊
2 食用菊の美味しい食べ方


1 食用菊の種類


食用菊には大きく3種類あります。


①紫色の大輪「延命楽」

産地は山形、新潟の白根。
山形では「もってのほか」、新潟では「かきのもと」と呼ばれます。
花びら一本一本の中が空洞になっていて、それが美味しい食感の元になっています。
私が大好きなのは、この種類。
食用菊かきのもと


②黄色の大輪「阿房宮」

主に青森県で作られています。延命楽に比べるとシャキシャキ感は少なく。柔らかい食感です。
これは、生だけでなく、干し菊あるいは、のし菊と呼ばれる乾物に加工されて出回ってもいます。
菊の花を蒸してから平らにして干したもの。
のりのように平らにされているからか、菊のりと呼ばれることもあります。
残念ながら香りは薄くなってしまっていますが、色合いを活かしたいところです。

干し菊


③黄色の小菊

主に刺身のツマに使われます。愛知県が主な産地。

以前、関西で仕事をした時に、材料を揃えておいていただくためのリストに食用菊と書いておいたら、③の菊が用意されていて、ちょっと驚いたことがありました。
相手は食関係の方だったのですが、他に食用菊はみたことがないとおっしゃっていました。
関西以西では、①や②はあまり食べられていないのでしょうか。

逆に、関東では、③はデパートなどでは見かけるものの、普通のスーパーには置かれていないように思います。


2 食用菊の美味しい食べ方


③については、飾りとして認識されていますが、もしお刺身についてきたら、食べられるので花びらをとってお刺身と一緒に口に入れると菊の香りを楽しめると思います。
ただ、最近は、残念ながらプラスティックの菊の花がつけられていることの方が多いようにも感じています。

①や②は、お吸い物に散らすなどはもちろんですが、私はだいたい甘酢和えでいただいています。
大好物なので、それで残ってしまうことはないのですが、甘酢和えにした菊を薄切りの豚肉で巻いて焼くと、切り口がきれいなつまみになります。

菊の甘酢和え

ガクを取り除いてから、酢水で茹でます。
アクを抜くためと色を保つため。

②の干し菊については、ざっと熱湯をかけてからしぼり(あまりアクが強いわけではないので、とくに液体が多い料理の場合は、好みでそのまま使っても)、おひたしや和えもの、炒めもの、酢のものに加えたり、お吸い物や炊き込みご飯にトッピングしたりとあれこれ使えます。
普段のお浸しに菊が入るだけでちょっとおしゃれな見た目になるので、私は常備しています。

干し菊入り酢の物 干し菊入りお浸し 干し菊入り炒めもの菊のせご飯

日本の秋ならではの味覚、楽しみたいですね!

 

 

関連記事

  1. ブラウンレンティル

    【乾物】豆を手軽に食卓にvol.1〜戻さずに使えるレンティル(レンズ豆…

  2. ズッキーニのチーズグラタン

    【ウチの定番】ズッキーニのチーズグラタン

  3. 茶色く変色した切干し大根

    【乾物】茶色くなった切干し大根ほど美味しい?

  4. 混ぜるだけ柿プリン

    混ぜるだけで固まる柿プリンの謎

  5. 紫花豆の蜂蜜ジャム和え

    実働10分!外出OK!超お手軽に豆を茹でる方法

  6. 具だくさんのあったかお蕎麦

    【日々の食】つるんと柔らかい鶏ムネ肉の作り方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 白菜キムチ作り
  2. 紫花豆の蜂蜜ジャム和え
  3. 日本捕鯨史概説

料理教室