ウチの定番フルーツ料理あれこれ。江戸時代の料理も?

はじき葡萄

先日、「サカイさんの料理ですごく驚いたのは、苺のリゾット」とのお言葉をいただきました。

甘いの?美味しいの?なにそれ?と思う方が大半と思われますが、召し上がった方々、みなさん大絶賛なんです。

我が家には、フルーツの定番料理が、実は結構あります。

今回は秋のフルーツ料理をいくつかご紹介します。

音声でもお伝えしています。こちらからどうぞ。

目次
1 江戸時代の料理書にある「はじき葡萄」
2 ブルーチーズと洋梨のサラダ
3 発想豊かにフルーツを料理に


1 江戸時代の料理書にある「はじき葡萄」


日本では、フルーツを料理に活かすということがあまりされていないように思います。
でも実は、江戸時代の料理書には、例えば「はじき葡萄」なる料理が紹介されています。

これは、一度作ってみて、その見た目の美しさと、簡単な上にさっぱり美味しい味わいで我が家の定番料理に仲間入りしたもの。
お客様にも前菜としてお出しすると、好評です。

はじき葡萄は、江戸時代1822年に、八百善という料亭の店主 栗山善四郎が書いた「江戸流行料理通」(通称「料理通」)という本のなかに紹介されています。

皮を剥いたぶどうと大根おろし、菊の花を合わせ、酢醤油と柑橘の汁で調味というもの。
江戸時代の料亭料理。斬新さに驚きますよね。


2 ブルーチーズと洋梨のサラダ


こちらは、昨年アメリカの友人の息子夫婦が新婚旅行で日本に来た際に一緒に出かけた店で供されて、すっかり気に入ってしまったもの。すでに我が家の定番料理に仲間入りです。

洋梨を一口大に切って、ゴルゴンゾーラチーズを崩して散らし、オリーブオイルをかけたものでした。
私は、それに、ホワイトバルサミコ酢をかけています。
これは、日本の梨や、柿、桃、メロン、りんごなどでも美味しいです。
ぜひ、試してみてくださいね。

そして、このブルーチーズとフルーツの組み合わせで、オーブン焼きにするのもまた美味しいです。
味付けなしでもおいしい。
イチジクも合います。

3 発想豊かにフルーツを料理に


酢豚にパイナップルや苺を入れる、セロリとりんごのサラダ、生ハムメロン、キウイとホタテのカルパッチョなど、今や定番化しているフルーツを加えた料理もありますよね。
でもきっと最初は「え?」と、ちょっと引き気味の驚きとともに迎えられたのではないでしょうか。
焼肉のたれや、市販のソースに隠し味としてりんごが入っているのはもう普通のこと。

料理って、「これはだめ」「あれはだめ」ではなく、「これもいい」「あれも美味しい」と発想を広げていけるのが魅力。
フルーツを使った料理もぜひ楽しんでみてくださいね〜。

 

 

The following two tabs change content below.

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 東大法学部卒。外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーをきっかけに食の世界に。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行している。 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. ローストチキン

    骨まで愛して!〜二度楽しまなくちゃもったいない

  2. 2020-10-26の昼食

    【日々の食】セロリとトマトと卵のシンプル炒めが美味しかったんです

  3. カニでちょっと贅沢をしたあと、殻はまだ捨てないで

  4. 混ぜるだけ柿プリン

    混ぜるだけで固まる柿プリンの謎

  5. タッパー漬けもの

    タッパーで、シャカシャカふって漬ける簡単お漬けもの

  6. ひの菜づけ完成

    伝統野菜、日野菜(ひのな)の甘酢漬けの作り方〜赤かぶやラディッシュでも…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA