新顔野菜「油麦菜」は、これから流行る?

油麦菜

油麦菜という野菜、ご存知ですか?

おまかせの野菜セットの中に入ってきました。

初めて手に取ったので、せっかくなので原地での使い方についても調べてみました。

<レシピを無料でプレゼント中です!>

7つのレシピが入った優佳子流「食卓で世界旅行」(pdf)をプレゼントしています。

日々の料理にお役立ていただけたら嬉しいです。

下の画像をクリックすると、プレゼント応募画面に移ります。

 

 

サステナブル料理研究家、一般社団法人DRYandPEACE代表理事のサカイ優佳子です。

2011年からは特に、現代のライフスタイルに合わせた乾物の活用法の研究、発信に力を入れています。

日々の食卓を手軽に美味しく楽しみながら、キッチンから世界をみる眼を持ち続けたいと思います。

日々の食に役立つ情報をお届けする無料メルマガを書いています。
ぜひ、キッチンから世界をみる仲間になってくださいね!
サカイ優佳子の 楽しく 美味しく 未来を創る

 

私はふだん、らでぃっしゅぼーやという宅配システムを利用しています。

その中でも好きなのが、「いと愛づらし野菜」というセット。

あまり普通には売っていない野菜を、毎週3種類お任せで届けてくれるのです。

先日入っていたのは、油麦菜という野菜でした。


  

1 新顔野菜「油麦菜」

油麦菜

家族が丸めて捨ててしまっていたのを救出w。しわくちゃですが読めるでしょうか?

野菜についての説明と、簡単なレシピが、この写真のようについてきました。

油麦菜とは?

  • 中国南部で昔から栽培されていたレタスの仲間
  • 結球しない
  • 特に台湾では「A菜」と呼ばれて一般に知られる野菜
  • 日本では、ムギレタスと呼ばれる

油麦菜の特徴

(らでぃっしゅぼーやの解説による)

<油麦菜の特徴>

  • 生食よりも、油で炒めるのに向いている
  • 普通のレタスより栽培しやすい(寒いのにも暑いのにも強い)
  • 甘味がある
  • 炒めると、とうもろこしのような香ばしい香り

 

油麦菜を食べた、とfacebookに投稿したら、北京で仕事をされていた方から「油麦菜は、自家栽培ですか。北京に住んでいた時に良く食べました。懐かしい姿です。」というコメントをいただきました。

中国南部だけではなく、北京でも食べられているのですね。

2 茎チシャと同じ?

茎チシャ

上海の市場で売られていた茎チシャ

日本のサイトで「油麦菜の薹が立つと、ヤマクラゲになる」としている記載を見つけました。

ヤマクラゲは、茎チシャ(ステムレタスとも呼ばれます)から作られる乾物のことを言います。

中国に暮らしたことがある日本人のほとんどが、「茎チシャは美味しい!」と言います。

茎チシャの和えもの

茎チシャの和えもの。北京にて。

茎チシャの炒め物

上海に家があった頃、大家さんの奥様にご馳走になった茎チシャの炒めもの

茎チシャは私も大好きなので、驚いて調べてみました。

中国語の複数のサイトで確認したところ、これは間違いのようです。

ヤマクラゲ

茎チシャを干すと、ヤマクラゲと呼ばれる乾物になります

茎チシャ(中国名 萵筍 ウォスン)と、油麦菜(ユーマイツァイと読み仮名が振られていましたが、ヨウマイツァイの方が近いのでは?)は、同じ種類に属するそうですが、違う野菜とのことでした。

そして含まれる栄養も、違うようです。

它(油麥菜)含大量維生素和鈣、鐵、蛋白質、脂肪、維生素B1、維生素B2等營養成分。油麥菜的營養略高於生菜,而遠優於萵筍。同萵筍相比,油麥菜的蛋白質含量高40%,胡蘿蔔素高1.4倍,鈣高2倍,鐵高33%,硒高1.8倍。

油麦菜には、カルシウム、鉄、タンパク質、脂肪、ビタミンB1、ビタミンB2などの多くの栄養成分やビタミンが含まれています。油麦菜の栄養は、レタスより少し高く、茎チシャよりはるかに優れています。茎チシャと比べると、油麦菜は、タンパク質が40%多く、カロチンは1.4倍、カルシウムは2倍、鉄は33%多く、セレンは1.8倍含まれています。

每日頭條「油麥菜和萵筍葉是一種菜嗎?口感差不多,營養卻差很多」
https://kknews.cc/food/npy66eq.html

3 食べてみたら

イカと一緒に炒めてみました

ある日の昼食。一夜干しのイカと一緒に炒めてみました

炒めてみました

茎のあたりを触った感じは、ロメインレタスに似ています。

ある日の昼食に、生姜のみじん切りとイカの一夜干しと一緒に炒めて、ナムプラー、オイスターソースで調味して食べてみました。

後から思えば、油麦菜だけでシンプルに炒めてみれば、より特徴が把握しやすかったのですね。

この調味法だと、トウモロコシに似た甘い香りまではキャッチできませんでした。

シャキシャキの食感が、いい感じです。

生産者が勧める食べ方例

昆布とカツオで取った出汁に1分ほどくぐらせて、しゃぶしゃぶにする(えびな美食農プロジェクト)

これは、試してみたいです。

「今後生産体制を整えていく」と、2020年1月の記事に書いてあるので、これから日本の市場にも出回ってくるかもしれませんね。

以前食べたのは、ながさき南部生産組合さんのものでした。

このブログを修正していたら、なんとまた油麦菜が届きました(2021年5月27日)。

今回は、くらぶち草の会(群馬県)さんのもの。

おすすめの食べ方として以下をあげています(前回と同じでしたw)。

  • 炒めて塩胡椒だけで調味する
  • ベーコンとともに炒める

*歯応えが残るように、軽く炒めるのがおすすめだそうです。

近日中にまた食べてみて、書き足さねば。

4 現地(中国、台湾)での食べ方

さて、現地ではどう食べているのでしょうか?

ちょっと調べてみたところ、「豆豉鯪魚」という缶詰と一緒に炒めているレシピがたくさんありました。

この缶詰については、以下のサイトに詳しいので興味のある方はお読みくださいね。

「魚に詳しいあなたは謎の中国魚缶詰『豆豉鯪魚』を知っているか?

5 レタスのレシピを応用

残念ながら、油麦菜が地元で簡単に手に入らないので、レタスを使って作った時の写真を入れています。

このレタスを油麦菜に置き換えたら、おいしいく食べることができそうです。

レタス(を油麦菜に替えて)とグリーンピースのスープ煮

グリーンピースとレタスのフランス風煮

フランス在住時にお隣のマダムピロラに習った、レタスとグリーンピースのスープ煮は我が家の春の定番

レシピというほどではないのですが、大体こんな感じで適当に作っています。

  1. ベーコンを脂が出るまで炒める
  2. オリーブオイルを足して、玉ねぎとレタスとグリーンピースを加えてさらに炒める
  3. 鶏がらスープを加えて煮る
  4. 塩胡椒で調味する

*グリーンピースがない時は、他の豆やピーマンなどを入れても。

豚肉とレタス(油麦菜に替えて)のナムプラー蒸し

豚ひき肉とレタスのナムプラー炒め

豚肉とレタスのナムプラー蒸し煮は、ウチのレタス消費系おかずの定番

  1. 油をひいて豚肉(脂が多いところを使うのがおすすめ)を炒める
  2. レタスを加えてさっと炒めたら、酒を加えて蓋をして蒸し煮する
  3. ナムプラーで調味して、胡椒をふる

*炒めずに豚肉とレタス、酒を鍋に入れて蓋をしていきなり蒸し煮にしてからナムプラーと胡椒で調味、でも大丈夫です。

調理法

  • 生で食べる
  • 炒めものに
  • 蒸し煮に
  • さっと茹でておひたし風にする
  • お味噌汁やスープに入れる

「炒めた方が美味しいレタス」として油麦菜のようなものが出回るようになれば、レタス=サラダ以外の食べ方も広まるでしょうか。

新顔野菜の油麦菜、また食べる機会があるといいなあ!



食に関するお役立ち情報をお送りしています。サカイ優佳子の 楽しく美味しく、未来を創る

メルマガ購読はこちらから

 

 

The following two tabs change content below.

サカイ 優佳子

サステナブル料理研究家/一般社団法人DRYandPEACE代表理事 東大法学部卒。外資系金融機関等を経て、娘の重度のアトピーをきっかけに食の世界に。 食には未来を変える力があるという信念のもと、今のライフスタイルにあった乾物の活用法を中心にしたレシピを開発。 料理教室、食に関する本のオンライン読書会などを主催。 料理教室対象に、オンライン化を含むサポートも行なっている。 著書14冊。メディア出演多数。 食に関するメルマガ「サカイ優佳子の 楽しく 美味しく未来を創る」などを発行している。 https://www.reservestock.jp/subscribe/113493

関連記事

  1. 乾燥させた香茸

    【乾物】幻と言われる香茸を炊き込みご飯にしました

  2. はじき葡萄

    ウチの定番フルーツ料理あれこれ。江戸時代の料理も?

  3. 2020年暮れのお年取り料理

    お正月の記録〜新潟の旧家の味を千葉生まれの私が引き継いで

  4. ズッキーニのチーズグラタン

    【ウチの定番】ズッキーニのチーズグラタン

  5. 焼きりんご

    <簡単レシピ付き>りんごを食べ切るスイーツ作りで家庭からの食品ロス削減…

  6. 柿酢仕込み1

    1ヶ月ほどかけて柿酢完成

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA